2019年に入ってから、「老後2000万円問題」「消費税増税」といったお金に関するニュースが話題になりました。20~30代女子の中には、今後の結婚資金や子どもの教育費、老後資金などを準備できるのか気になっている人がいるのではないでしょうか。そこで今回は、家族構成別のリアルなお財布事情や保険、資産運用などをアンケート調査結果に基づいて解説します。この記事を読むことで、リアルなお金事情についての知識が深まるでしょう。

リアルなお財布事情を調査

家族構成別にリアルなお財布事情をアンケート調査しました。自分と同じ家族構成の人たちや、今後描いている理想の家族構成の人たちのお財布事情について、ぜひ参考にしてみてください

世帯年収(家族構成別アンケート)

拡大する

アンケート調査結果より、家族構成別に世帯年収を見てみましょう。まず単身世帯を見ると、年収400万円以下の人が過半数を占めていることがわかります。既婚で子どものいない世帯の年収は300万円以下から1,000万円以上まで幅広く分布され、既婚で子どものいる家庭で多い年収帯が「400~500万円」「500~600万円」となりました。全体的に見ると、単身世帯よりも家族のいる既婚世帯の方が、世帯年収の高い割合が大きいという結果になっています。

娯楽費(家族構成別アンケート)

拡大する

続いて、娯楽費についても見てみましょう。娯楽費にかける金額の割合を見てみると、単身・子なし・子ありの順に減っています。例えば娯楽費1万円以下の割合は、単身世帯の約2割に対して、子あり世帯では過半数を占めています。つまり、家族が増えると娯楽費として使うお金が減る結果となっているのです。単身世帯では自分1人にお金を使えますが、結婚し、さらに子どもが生まれると、家族に使うお金が増えていくという事情が見えてきます。

収入は急には変えられない。でも将来は必ずやってくる。
「もしも」に備えるには・・・?

収入や貯金額を急激にアップさせることは難しいでしょう。しかし、普通に生活を送っていても想定外のことが起こってしまう可能性があるのが人生です。このような「もしも」に備えるため、保険に加入している人は多いのではないでしょうか。そこで、保険に関するアンケート調査結果を家族構成別にグラフ化しました。加入している保険の種類や保険加入のきっかけなど、みなさんも参考にしてみてください。

加入している保険一覧
(家族構成別アンケート)

拡大する

収入や貯金額を急激にアップさせることは難しいでしょう。しかし、普通に生活を送っていても想定外のことが起こってしまう可能性があるのが人生です。このような「もしも」に備えるため、保険に加入している人は多いのではないでしょうか。そこで、保険に関するアンケート調査結果を家族構成別にグラフ化しました。加入している保険の種類や保険加入のきっかけなど、みなさんも参考にしてみてください。

保険に加入したきっかけ
(家族構成別アンケート)

拡大する

保険に加入したきっかけを家族構成別に見てみると、単身世帯では「就職」、子なし世帯では「結婚」、子あり世帯では「子どもが出来たため」という理由の割合がそれぞれ大きくなっています。人生の節目をきっかけに保険に加入する人が多いことが読み取れるでしょう。

アンケート結果を踏まえると、例えば現在単身世帯で保険未加入の人でも、今後結婚や出産によって保険に加入する人がいるのではないでしょうか。ライフステージの変化によって人生の「もしも」に備えようという意識が高まるのかもしれませんね。

今注目されている「資産運用」に迫る
ポジショニングマップ

上記はリスク・リターンの高低から様々な資産運用を図式化したものです。投資において、リスクとリターンには深い繋がりがあります。リスクが低いけれどリターンも少ない(ローリスク・ローリターン)、リスクは大きいけれどリターンが大きい(ハイリスク・ハイリターン)というように、リスクとリターンには密接な関係性があるのです。

現在は超低金利の時代ですから、預金だけではお金が増えにくくなっています。そこで、様々な資産運用が注目を集めているのです。

取り組んでいる資産運用一覧
(家族構成別アンケート)

拡大する

どの世帯においても保険・預金といったローリスク・ローリターンの割合が飛び抜けて高くなっています。リスクの少ない運用をしたいという堅実性が表れているといえるでしょう。家族構成別に見ると、単身世帯で不動産投資を行っている割合は既婚世帯より高く、既婚世帯では単身世帯より投資信託の運用をしている割合が高くなっています。不動産投資は家賃収入という安定した副収入を得られる一方、初期投資が大きいという面があります。投資信託は少額から始められますので、家族のいる世帯では不動産投資のような初期投資の大きい資産運用には中々踏み切れないのかもしれませんね。

実はハードルもリスクもそれほど高くない?不動産投資について

「不動産投資」と聞くと、「ハードルが高い」「リスクが高い」と感じる方がいるのではないでしょうか。しかし、上記のポジショニングマップにあるように、不動産投資は「ミドルリスク・ミドルリターン」の資産運用です。実は、不動産投資は世間一般で思われているほどハードルもリスクも高くない投資方法なのです。ここでは、不動産投資の種類やメリットなどについてご紹介します。

不動産投資の種類について

一棟投資
アパートやマンションを一棟まるごと所有して投資する方法です。「大家さん」と聞くと一棟投資をしている人を思い浮かべることが多いのではないでしょうか。初期投資は大きくなりますが、部屋数が多いので投資効率が良いというメリットがあります。
区分所有
分譲マンションの1室(もしくは複数室)を所有する投資方法。ワンルームマンション、ファミリー向けマンションなど物件によって特徴が異なります。一棟投資と比較すると少額から始められるというメリットがあります。
戸建て投資
一戸建てを賃貸する投資方法です。「貸家」とするということですね。戸建ては通常マイホームとして建築していることが多いので、中古戸建ての中には「不動産投資」として考えると割安な価格で販売されていることがあります。
その他、賃貸併用住宅やシェアハウスなど不動産投資には様々な種類があります。

始める際の元手について

不動産投資を行う際、金融機関などでアパートローンを利用することがほとんど。一般的には物件購入価格の2割程度の自己資金が必要だと言われていますが、金融機関や条件によってはフルローンで借りることができます。フルローンであれば、自己資金なしでも不動産投資を始めることができるのです。もちろん自己資金はあった方が安全ですが、不動産投資を始める際の元手は必ずしも高額ではないということです。

不動産投資のメリットについて

ここでは、不動産投資の主なメリットについて3つご紹介します。

年金対策
老後資金を捻出するために不動産投資を始める方は少なくありません。不動産投資を行うことで安定した家賃収入を得ることができるからです。不動産投資を行っていれば公的年金に加えて家賃収入を得ることができますので、年金対策として活用されています。
節税効果
不動産投資は相続税対策としても有効です。相続税額を計算する際、現金など預貯金は1億円であれば1億円として評価されますが、不動産の場合は1億円で購入した物件であっても相続税評価は1億円とはなりません。物件の種類などによって異なりますが、70~80%程度となるでしょう。不動産投資にはこのような節税効果があるのです。
いざという時団体信用生命保険で生命保険の代わりに
団体信用生命保険とは、契約者に万が一のことがあった場合にローンが弁済される制度です。アパートローンでも団体信用生命保険に加入することが可能なものがあります。団体信用生命保険に加入しておけば、一家の大黒柱に万が一のことがあってもローンが完済した不動産が残ることになり、生命保険の代わりとなることが期待できるのです。

リスクについて

不動産投資には上記のようなメリットがある一方で、リスクもあります。「投資」ですから、リスクゼロということはありえません。不動産投資において1番のリスクは空室リスクでしょう。入居者がいなければ家賃収入が得られません。そのため、不動産投資を行う場合は需要のある立地の選定が必須です。空室リスクの他にも、すぐに現金化できない点などもリスクとして挙げられます。投資物件を購入する際には、不動産投資のリスクを踏まえ、事前にしっかりとした資金計画を立てることをおすすめします。

最後に

アンケート調査結果とご自身を比較してみて、新しい発見があった人がいるかもしれません。家族構成によって加入している保険の種類や資産運用の方法に違いがありました。預貯金は元本割れのリスクがない一方で、超低金利の現在においてはリターンも少なくなっています。みなさんの家族構成や生活スタイルなどを考えながら、自分に合った資産運用方法を検討して「もしも」に備えましょう。

不動産投資モニター

アンケート調査結果とご自身を比較してみて、新しい発見があった人がいるかもしれません。家族構成によって加入している保険の種類や資産運用の方法に違いがありました。預貯金は元本割れのリスクがない一方で、超低金利の現在においてはリターンも少なくなっています。みなさんの家族構成や生活スタイルなどを考えながら、自分に合った資産運用方法を検討して「もしも」に備えましょう。

不動産投資モニター

アンケート調査結果とご自身を比較してみて、新しい発見があった人がいるかもしれません。家族構成によって加入している保険の種類や資産運用の方法に違いがありました。預貯金は元本割れのリスクがない一方で、超低金利の現在においてはリターンも少なくなっています。みなさんの家族構成や生活スタイルなどを考えながら、自分に合った資産運用方法を検討して「もしも」に備えましょう。

一覧を見る

Japamoni TOPへ戻る

ページトップへ戻る